トカゲ太郎のワンダー・ワールド
紙芝居
English




紙芝居を動画でみよう!


  第二部へ
第二部へ
第一部 ライオン、インパラ、フンコロガシ、ミーアキャット、ゴマバラワシ、サソリ、ケープコブラ、ラーテル
第二部 現在進行中。 ラーテル、ミツオシエ、ハチクイ、エレオノラ・ハヤブサ、クズリ、ヒグマ、ヨーロッパオオカミ、トナカイ・・・
 

第一部



インパラは、1回の跳躍で10m先へ移動することができる。 その跳躍の高さはなんと3m。 ライオンに追われてもたいていは逃げ切ってしまうのだ。


ライオンの家族 Next



ライオンとインパラ Next




行け行け、ライオン!! 逃げろ、インパラ!!


ライオンの狩り Next




ライオンの狩り Next





ライオンが必要とする肉の量は、メスで1日約5キロ、オスで約7キロ。 インパラの体重は40キロから80キロほどだから、一頭のインパラをしとめると八頭から十頭のライオンがお腹を満たすことができる。


ライオンの狩り Next





でもしばらくするとハゲワシが肉のにおいをかぎつけて上空から集まってくる。 おこぼれが目的だ。 ハイエナはそのハゲワシの群れのようすを地上から観察している。 ハイエナの数が多いとライオンも肉をあきらめるしかない。


ライオンの食事 Next






ライオンの食事 Next






ライオン、食事の後・・・ Next





糞虫(フンコロガシ)ライオンのウンチには反応しない。 雑食か草食動物のフンを好んで食べるからだ。 匂いでエサを探しまわるものもいれば、草食動物にくっついてエサが落っこちるのを狙っているものもいる。 フンに二匹くっついている時はたいていオスが運転してメスは上に乗っている。 卵をフンの中に産む準備をしているのだ。


フンコロガシ Next





他の動物のフンを食べてくれるのは偉大なことだ。 例えば、フンコロガシがいないと緑の牧草地も牛のフンだらけになって蚊が集まってきたり寄生虫がわいたりする。 牛にとっても人間にとっても衛生面でとても困ったことになる。


フンコロガシとミーアキャット Next





ミーアキャットは昆虫を主に食べるけど、トカゲやヘビ、小鳥、サソリ、クモ、植物なども食べる。 あんまり脂肪を身体の中に貯めこめないからいつも何か食べる必要がある。


ゴマバラワシとミーアキャット Next





ゴマバラワシはアフリカのジンバブエや南アフリカなどに多く生息している。 翼を広げると190cmから250cmにもなる大きな鳥だ。 ハイラックスマングース、ウサギなどを食べるほか、オオトカゲやヘビなどもえじきにする。 時にはインパラジャッカルサーバルなども襲うからとても強い猛禽類だ。


ゴマバラワシとミーアキャット Next





 


ゴマバラワシとミーアキャット Next





 


ミーアキャット Next





ミーアキャットは20頭ほどの群れで暮らしている。 地中に巣を作り、巣はいくつもの入口とつながっている。 夜は危険を避けるため巣の中にいて昼間に行動する。 エサ探しの時間は見張りが立って、上空や近くに敵が現れると鳴き声を上げて群れに知らせる。


ミーアキャットの子育て Next





ミーアキャットは子どもに食べ物の捕り方を教える。 例えば大好物のサソリの場合は毒針のあるシッポの先を取り除いてから子どもにあげたりする。 時には刺されることもあるけど免疫をもっているから平気だ。 ちなみにアフリカ全土に生息しているファットテイル・スコーピオンは最も毒性の強いサソリで、人間が刺されて死ぬ例も多い。


ミーアキャット Next





ミーアキャットは地中の巣をマングースジリスと共同で利用することもある。 ところが地中に暮らすケープコブラと運悪くはち合わせしたら大変だ。


ケープコブラとミーアキャット Next





ケープコブラはアフリカのコブラの中で最も強い毒をもち、南アフリカでは人間の死亡率が最も高い。 ミーアキャットマングースの仲間だけどコブラを食べることはめったになく、集団で追い払わないかぎり毒にやられて逆に食べられてしまう。


ケープコブラ Next





でも、そんなに恐ろしいコブラを好んで食べる動物がいるから不思議だ。


ケープコブラとラーテル Next





ラーテル(ミツアナグマ)はケープコブラやパフアダーなどの毒ヘビを難なくしとめる。


ケープコブラとラーテル Next





咬まれて相討ちかと思ったら、5時間ぐらいでむっくり起き上がって獲物のヘビを食べ始める。


ラーテルとケープコブラ Next





毒に対して何らかの免疫があるからだ。これは子どもの頃からエサであるヘビやサソリ、ハチなどの毒を少しずつ身体の中に取り入れて得た免疫力ではないかと考えられている。


ラーテルとケープコブラ Next





ラ-テルは体長が約60cm~100cm。体重はオスで約10kg、メスは約6kg。

身体はそれほど大きくないが、ライオンやヒョウなどの猛獣にも簡単に屈しないファイターだ。敵が来るとお尻から悪臭を放ったり、鋭い爪と歯で威嚇したりする。時にはヒョウのとった獲物を横取りする大胆なものもいる。


ラーテルの写真は こちら!




第一部 おわり
  第二部につづく。 第二部へ
第二部へ