トカゲ太郎のワンダー・ワールド
紙芝居
English




前のページ 前のページに戻る   次へ 次へ


レミング Next



カルシウムは動物にとって健康を保つために欠かせない栄養だ。 骨や歯などはカルシウムからできているし、脳や筋肉の働きを良くするのもカルシウムだ。 ノルウェーレミングはハタネズミの一種で、地下に永久凍土が広がるツンドラ地帯で見られる。 草食だけど、やっぱりカルシウムは必要だから骨を見つけたらとにかくかじる。



シロフクロウ Next



ツンドラ地帯にすむ肉食動物にとってノルウェーレミングは主要な食べ物だ。 ノルウェーレミングの数が増えるとホッキョクオオカミやホッキョクギツネ、さまざまな海鳥などの生息数も増え、逆にノルウェーレミングが減るとそれらの数も減る。 シロフクロウもノルウェーレミングをよく食べる。 特に硬い卵の殻を身体の中で作るために、ノルウェーレミングはとても大切な食糧なのだ。



セイウチ Next




ノルウェーのスピッツベルゲン島は、ノルウェー本土と北極のちょうど真ん中あたりにある。 とても寒そうな場所のような気がするけど、それほどでもない。 北大西洋海流のおかげで夏の平均気温は6度で冬はマイナス16度ぐらいだ。 そしてスピッツベルゲン島にはアザラシやシロイルカ、ホッキョククジラ、セイウチ、トナカイそしてホッキョクグマなどさまざまな動物が暮らしている。



セイウチとホッキョクグマ Next




身体の大きさにもかかわらずホッキョクグマはセイウチを襲う。 追われたセイウチが混乱して海に逃げ込む間に子どものセイウチや弱ったセイウチを狙う。





前のページ 前のページに戻る   次へ 次へ