トカゲ太郎のワンダー・ワールド
紙芝居
「海物語」
English



前のページ 前のページに戻る  

オニヒトデとフリソデエビ

オニヒトデはほかにも気をつけないといけない生き物がいる。 フリソデエビだ。 体長5cmほどの小さなエビは食べ物の好みがとても珍しく、しかも獲物を捕える抜群の技をもっている。

ふだんフリソデエビはヒトデしか食べないのだ。 それも自分よりも数倍大きなヒトデを平気で捕まえてしまう。 まず、トゲのような前足でヒトデを麻ひさせ、そのあと生きたまま少しずつ食べていく。 見たところフリソデエビは新鮮なヒトデが好きなようだ。

Next





さんご礁の生き物たち

サンゴ礁は海の生き物とってのみ大切なのではない。

Next





クロサギ

引き潮のとき、サンゴ礁はクロサギの理想的な狩りの場所になる。 ハゼの仲間は潮だまりや藻場、サンゴ礁など海の浅い場所を好んでひそんでいる。

Next






海物語

サンゴ礁の恵みはすべての生き物にゆきわたっている。






お わ り
前のページ 前のページに戻る