トカゲ太郎のワンダー・ワールド
ブロンクス動物園 写真館
English





さぁ、ブロンクス動物園。


ここはニューヨークの摩天楼がそびえたつ大都会から地下鉄で25分ほど北にいったところにある広大な動物園だ。



ニアラ ニアラ ブロンクス動物園 アジア門 ブロンクス動物園 アジア門
地下鉄の2番か5番に乗りEast Tremont Ave/West Farms Square で下車。
動物園の標識に従いながら歩くと8分程でこの門に着く。
アジアゾウ アジアゾウ




コンゴ、ゴリラの森 コンゴ、ゴリラの森 入り口 ゴリラの森 コンゴの熱帯雨林 オカピ 茂みの向こうに、オカピを発見。 オカピ あっ、こっちを向いたよ!


ウルフスモンキー ウルフスモンキー ウルフスモンキー フルーツや花、昆虫などを食べるよ。 コンゴの熱帯雨林 コンゴの熱帯雨林 アカカワイノシシ アカカワイノシシ アカカワイノシシ コンゴの熱帯雨林に生息している。 ブサイクだなぁ~と文句ばっかり言われていたアカカワイノシシ。 でもそのわりにはものすごい人気だった。


ブロンクス動物園は、北アメリカにおいて動物園を中心としたニシローランドゴリラの保護・繁殖のリーダー的役割を果たしている。
ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ
ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ ニシローランドゴリラ




キリン
キリン


キリン キリン キリン マーガレットは2009年2月17日生まれ



注意してみていると、生息地が失われたり、乱獲されたりして絶滅が心配される動物が多いことに気がつく。


ブロンクス動物園 ブロンクス動物園 ブロンクス動物園

園内は広くていりくんでいるので、自分の位置をしっかり確認していないと迷子になる。



マダガスカル館
マダガスカル館は中が蒸し暑いにもかかわらず大人気。 マダガスカルにしかいない貴重な動物たちがたくさんいるからだ。
マダガスカル館 リングテイル・マングース リングテイル・マングース リングテイル・マングース ホウシャガメ ホウシャガメ
シファカ シファカ シファカ 低くて伸びる声で仲間とコミュニケーションをとる。 ワオキツネザル ワオキツネザル ワオキツネザル マダガスカルの自然が再現されている。




ハイイロヒグマ ハイイロヒグマ ハイイロヒグマ 気温が高い日中は寝て過ごすことが多い。 ハイイロヒグマ ハイイロヒグマ こんなに近くまできたよ。






ホッキョクグマ
ホッキョクグマ ホッキョクグマ

暑さにバテ気味のシロクマ。 でも毛並みがとてもきれい。



ノドジロオマキザル ノドジロオマキザル ノドジロオマキザル 中米ベリーズの熱帯雨林で果物や花、虫などを食べて生きている。 エンペラータマリン エンペラータマリン エンペラータマリン 南米ペルー、ボリビアー、ブラジルの熱帯雨林に生息する。


シルバーマーモセット シルバーマーモセット シルバーマーモセット ボリビアやパラグアイの熱帯雨林に生息し、樹液や果実、昆虫などを食べてくらす。 ゲルディーマーモセット ゲルディーマーモセット ゲルディーマーモセット 南米の熱帯雨林で、5~6匹の群れで生活する。


ゴルデンライオンタマリン ゴールデンライオンタマリン シロガオサキ シロガオサキ ダスキーティティ ダスキーティティ




バクトリアンキャメル(フタコブラクダ)
バクトリアンラクダ バクトリアンラクダ

フタコブラクダは中国の北西部とモンゴルの南部にまたがるゴビ砂漠に棲んでいる。
野生ではわずか1000頭足らずしか残っていないとても貴重なラクダ。 砂漠という大変きびしい環境の中で生きているだけでなくこのラクダはびっくりするような能力を備えている。 生息地が元核実験の場所だったにもかかわらず生きのびているからだ。 放射能によってDNAや免疫機能に異常が起きているわけでもない。 不思議な生き物だ。



ライオン ライオン リカオン リカオン スレンダーホーンガゼル スレンダーホーンガゼル
サハラ砂漠に生息する希少種




ユキヒョウ
ユキヒョウ ユキヒョウ ユキヒョウ

ユキヒョウが放し飼いになっている場所は木々が生い茂っていて、おまけに斜面もあるのでどこにいるのか見つけるのがたいへん。