トカゲ太郎のワンダー・ワールド
セミのお話




トカゲ太郎

夏の代表、セミ


日本には今のところ32種から35種ほどのセミがいるとされている。 また、世界には2500~3000種ほどのセミがいる。

夏の代表、セミ

セミの特徴はなんといってもオスの鳴き声。 この声はお腹の中にある膜を震わせて出している。 交尾のためであったり、危険を知らせる警戒音であったり鳴き声の使い方はいろいろある。



また、幼虫は長いあいだ地中で生活を送ることでも知られている。 地中での生活の長さは種類によって1年から17年と違いがある。

アブラゼミの抜け殻
アブラゼミの抜け殻

幼虫の間は木の根っこから養分を吸って育ち、地上に出て成虫になると樹液を吸う。 また、最近の研究によると、北アメリカのセミの幼虫にはお腹の中に2種類のバクテリアがいて幼虫の成長に必要な養分を提供しているという。 これは根っこからだけでは十分な栄養素を吸収できないためだ。

幼虫の時の外敵は、モグラケラゴミムシなど。 また冬虫夏草などの菌類が身体に寄生して死んでしまうものもいる。 成虫になるとクモカマキリスズメバチ、鳥などに襲われる。 地上に出て成虫に変わってから2週間から3週間で交尾をして卵を産んで死んでしまう。 セミの成虫が地上で生きている時間は短いけど、夏の間いっしょうけんめい生きていく。


日本で一番大きなセミクマゼミで体長は6~7cm。 生息している地域は今のところ関東地方から西の地方で、南は沖縄まで。 反対に最も小さいセミイワサキクサゼミ。 体長は1.6~2.5cmで沖縄に生息している。


トカゲ太郎ちなみに、地中海沿岸の地方は日本と同じようにセミは夏の象徴として大切にされている。 また、古代ギリシャでは不死や復活のシンボルとされていた。

一方、中国、マレーシア、ミャンマー、コンゴなどの国々ではセミは食べ物でもある。


もう一つ興味深いのはこれまでに発見されたセミの化石。 白亜紀前期、約1億年前のものから白亜紀後期、約6500万年前のものなどがある。


アブラゼミ
アブラゼミ

日本全国どこにでもいるアブラゼミ。 とはいっても外国では珍しい種類のようだ。 ほとんどのセミの仲間が羽に色がついていないのに対して、アブラゼミは茶色のはねをもっているからだ。 大きさは3.6~3.8cm。

トカゲ太郎
  ツクツクボウシ
ツクツクボウシ

夏になるとよく耳にするツクツクボーシ、ツクツクボーシという鳴き声からその名前がついた。 北海道から沖縄まで広く生息している。大きさは約3cm。

 

トカゲ太郎

昆虫観察、セミの羽化(アブラゼミ)


セミの羽化は、都会に住んでいる人々にとっても時々目にすることが出来る神秘的な瞬間だ。
長い地中での生活を終え、硬い殻を脱いで羽を伸ばし、空を飛びまわることができる身体に変身する。

羽化の最中は移動することができないからセミにとって小鳥やカマキリなどの外敵に襲われやすい危険な時だ。
だから羽化は外敵が少ない夕暮れ時から夜明けにかけて行われるのだと考えられている。

夕暮れ時、土から出てきたセミの幼虫は近くの木や植物などの高い位置に登りやがて動きを止める。 そして、いよいよ羽化が始まる。 すると背中に縦の割れ目がはいり、真っ白い背中が殻から出てくるまで約1時間。

そこからは一気に羽化が進む。


さかさまになり、脚が乾いて硬くなるのをじっと待つ。 徐々に成虫の身体が硬い殻から抜け出てくる。

ここまでで約20分。

翅(はね)はちぢんだようにしわくちゃだ。エメラルドグリーンの筋は翅脈(しみゃく)と呼ばれる。そこに体液を送り込むと翅が一気に伸び、成虫のセミの姿になる。翅が伸びたら体液は翅脈に流れなくなる仕組みになっている。



お尻が完全に殻から抜けた。 お尻の形は細長くその先には未成熟な産卵管が付いている。 このアブラゼミはメスだ。


このあと翅が完全に乾くまで約2時間、そして硬くなるまで数時間かかる。 翅、そして身体の外皮が乾燥し固まっていく過程でアブラゼミ特有の黒褐色に変化していく。

ほとんどの場合、夜明けまで同じ場所でじっとしているようだ。



トカゲ太郎

観察のポイント

セミの幼虫が土から出てきた跡の穴

夕暮れ時、木の周りの土に小さな穴ぼこがたくさんある場所、セミの抜け殻がたくさん残っている木などをよく見てみよう。 地中から出てきた幼虫を見つけやすいよ。 ちょっと隠れたところ(葉っぱの裏など)を羽化の場所に選ぶ幼虫が多いようだ。

観察中は絶対に触らないこと。 そして強い光を当てないようにしよう。 (トカゲ太郎は写真撮影の際、フラッシュを当てました。 セミさん、ごめんなさい。)

成虫のセミは、人が近づくと危険を感じて逃げる。 しかし幼虫や羽化中のセミは、逃げ回ることができない。 逃げないからといって人間に対して危機を感じていないとは言えない。 だから静かにそっと観察しようね。

セミの抜け殻
葉の裏側に多い


セミのお話 ・・・ おまけ

トカゲ太郎

かめむしの仲間たち -カメムシ目-

セミやタガメは暮らしている環境は違うけど、みんなカメムシの仲間だ。 共通している特徴は注射針のような口。 植物食のセミやカメムシは、その口を木や果実に刺して中を流れる液を吸う。 一方、肉食のタガメやミズカマキリは鎌のような前足でとらえた獲物に口を突き刺して、消火液を流し込み獲物の肉を溶かして吸ってしまう。

昆虫には、卵 → 幼虫 → さなぎ → 成虫 という成長の過程をたどる完全変態ものがいる。 カブトムシやチョウ、ハチ、ハエなどは完全変態をする昆虫だ。 一方、卵 → 幼虫 → 成虫 という過程をたどり、さなぎにならない不完全変態ものがいる。 カメムシの仲間は不完全変態をする。

セミ(左上)、 タガメ(右上)、カメムシ(左下)、ミズカマキリ(右下)