トカゲ太郎のワンダー・ワールド
考えてみよう 目次
English


 
捕食動物求む

 

捕食動物求む

人間を含む生態系のバランスを考えながら、捕食動物について見てみよう。

 
豚さんも余裕が欲しい

 

豚さんも余裕が欲しい

今、欧州連合は動物福祉に基づき家畜の飼育環境を改善することを進めている。ブタの健康に気を配ることは人間の身体を大切にすることにつながる。

 
鶏、走れ!走れ!

 

鶏、走れ!走れ!

欧州連合はケージ飼いを2012年から禁止し、アメリカでもこの流れに同調する養鶏農家が出てきている。ニワトリにとっては平飼いがケージ飼いよりずっと快適であることは明らかだ。

 
やめよう、魚の獲り過ぎ

 

やめよう、魚の獲り過ぎ

過去数十年のあいだ、魚の消費量が増えるにつれて世界中で大量の魚が獲りつくされていった。結果として漁獲量は年々減っている。獲れる魚の量だけでなく、魚の大きさも次第に小さくなっている。

 
動物たちの抵抗

 

動物たちの抵抗

気候変動による影響は多くの野生動物の生態にも表れている。野生動物たちはそれに合わせるように生態や生活様式を変化させているが、現在の気候変動は動物たちが追いつけないほどの速さで進んでいるようだ。

 
キリンの悲劇

 

キリンの悲劇

デンマークのコペンハーゲン動物園でマリウスという名前の若いキリンが命を奪われた。動物園の収容能力を超えていることと、他にもっと必要な遺伝子をもつキリンがいるからだそうだ。

 
野生のライオンがいなくなる

 

アフリカライオンの未来

アフリカライオンは今や絶滅の危機に瀕している。まだ35000頭ほどが生息しているが、この数は危機的な低いレベルであるといってよい。

 
動物と人間 歴史のなかで

 

動物と人間 歴史のなかで

人間は太古の時代から動物を神秘的なもの、霊威的なものとみなして不思議な魅力や畏怖を感じてきた。その証拠として生活の中に様々な動物たちの意匠が現れている。今回はその一端を世界中の遺物の中に見てみた。

 
海生ほ乳類を守ろう シロイルカ

 

海生ほ乳類を守ろう その1 シロイルカ

IUCNの協力を得て行われたオホーツク海におけるシロイルカの生息数調査はアメリカ、香港、日本にある5つの水族館が共同で計画したものだ。調査は2010年の7月に終了し、結果はこれ以上オホーツク海のシロイルカを展示用に捕獲することは生息数の減少につながるとするものだった。

 
海生ほ乳類を守ろう シャチとイルカ

 

海生ほ乳類を守ろう その2 シャチとイルカ

飼育下のシャチの寿命はいくつかの例外を除けば平均して約30年と短い。野生ではメスがだいたい50年、オスは30年程だが、メスの記録は最長で90年、オスは50~60年の記録が残されている。なぜ飼育下のシャチの寿命は短いかについては様々な理由が考えられる。

 
川の自然 その1

 

川の自然 その1

河畔林は河川沿いに川の氾濫や砂の堆積などによってできる。様々な動植物の暮らす場になるとともに、洪水などで山から流れてきた倒木などを受け止めてくれる防災の役割も担ってくれている。

 
川の自然 その2

 

川の自然 その2

上流または渓流域に暮らしている生き物は水質や水温に敏感だ。

 






1