トカゲ太郎のワンダー・ワールド
春になったら・・・

  

よく見てみよう、よく聞いてみよう。

春になると、いっせいに木々が芽吹き、花が咲き乱れ、昆虫や鳥などの生き物たちが活発に行動を始める。自然が豊かな地方ではどこでも見られる光景だが、都会のど真ん中でも、意外と身近な場所で観察できる。

よく注意して茂みや草むら、石垣、水辺などを見てみよう。

テントウムシの幼虫
テントウムシのサナギ
成虫のナナホシテントウと
そのエサになるアブラムシ

道端に生えている雑草の茂みの中や生垣のの木々の枝など、あちらこちらで見つかる。春から初秋にかけて、随所でサナギから成虫まで見つかるよ。



カナヘビ
トカゲ太郎

暖かい日、日当たりのよい場所に出てきて日光浴をしているのをよく見かける。公園の岩の上、垣根や花壇の周りのレンガやコンクリートブロックの上、草原などいたるところで見つかるよ。



野草に小さなクモを発見。

良く見てみると・・・

小さな虫を捕えてお食事中だった。



ポピーの花の中でうごめいているのは、カマドウマかハネナシコロギスか。



トカゲ太郎

とても仲睦まじいハトのカップル。まもなくヒナの誕生が期待される。



公園を歩いていたら、「ヒヨヒヨ・・・ヒヨヒヨ」というかすかな声が聞こえた。
耳を澄ませながらその声のする方を見てみたら・・・

エサを加えたシジュウカラが。パッと飛んで穴の中へ。さきほどから聞こえる「ヒヨヒヨ」の声の主は、どうやらこの穴の中にいるシジュウカラのヒナたちのようだ。

穴の中へ入っていったら、すぐに顔を出し、飛び立っていく。

一羽がエサを加えて戻って来たとき、別の一羽がヒナたちのフンを加えて巣穴から出てきた。
夫婦で休むことなくヒナの世話と巣穴の掃除をしている。

近くの民家の屋根の上で、この様子をずっとうかがっている一羽の大きなカラスがいた。シジュウカラのヒナを狙っているのだろうか。

離れた場所から、2時間近くシジュウカラの様子を観察し続けた。するとカラスは痺れを切らしたように「カーカー」と鳴いたあと、そこで観察しているトカゲ太郎にフンをかけて飛び立っていった。
まるで「邪魔じゃないか!」と言っているみたいだった。

トカゲ太郎