トカゲ太郎のワンダー・ワールド
トロント動物園 写真館
English

トロント動物園のメインページへ


2009年に新しくオープンしたツンドラの小路
ツンドラの小路、トロント動物園 ツンドラの小路はここから始まる。
北極圏に生息する動物たちやその生息環境を見ることができるよ。
  ホッキョククジラ、トロント動物園 これはホッキョククジラの骨の模型。 本物とほぼ同じ大きさだ。 成長すると体長は15メートル、重さは60トンにもなる。 仲間の鯨とのコミュニケーションするとき、移動するとき、エサを採るときなどに声を発することが大きな特徴だ。


ホッキョクオオカミ 
ホッキョクオオカミ、トロント動物園
トナカイやジャコウウシなどの大きな獲物を狙うときは、
一匹で狩りをするよりも二匹以上でチームを組んだほうが成功しやすい。
ホッキョクオオカミ、トロント動物園
この日はとても暑かったので、ちょっとバテ気味。
ホッキョクオオカミ、トロント動物園
まず足が速いメスが先頭をきって走り獲物の脚をとらえ、
後から追いついたパワフルなオスが獲物を倒すのだ。
ホッキョクオオカミ、トロント動物園

ホッキョクオオカミについてもうちょっと知ろう! ここを クリック!

ホッキョクグマ
ホッキョクグマ、トロント動物園
広大な土地に放し飼いにされている。 遠くにいるのが見えるかな?
  ホッキョクグマ、トロント動物園

ホッキョクグマはカナダ北部のハドソン湾の南岸に生息している。 冬になり流氷が漂着したら、氷の上を渡ってアザラシなどの狩りをするのだ。
ホッキョクグマ、トロント動物園   ホッキョクグマ、トロント動物園

ところが、ツンドラ地方の気温が上がり流氷がくる時期が年々遅くなってきている。 陸地で過ごしていては狩りをすることができず、やせ細ってきているのが現状だ。
ホッキョクグマ、トロント動物園

カナダ、マニトバ州のチャーチルという街はハドソン湾の南岸に位置する。
ホッキョクグマが街に近づいてきた時、事故を防いで安全にクマを沿岸地域に戻すため、このような罠の仕掛けが街にとりつけられている。
ホッキョクグマ、トロント動物園 ホッキョクグマ、トロント動物園 ホッキョクグマ、トロント動物園


トナカイ
トナカイ、トロント動物園 トナカイ、トロント動物園

トナカイのひづめは季節によって衣替えをする。 夏は、ひづめが広がり、やわらかくなる。 そのほうが沼地や湿地を歩きやすいからだ。
冬になると、ひづめは硬くなりツメの間に毛がはえてくる。 雪や氷の上でもすべりにくいし、また低木や草を食べるときそのの上に張った氷を壊しやすいんだよ。




東南アジアのどうぶつたち
インドサイ、トロント動物園
インドサイ。 野生ではインド北東部とネパールに生息している。
インドサイ、トロント動物園
絶滅の危機に瀕しているが、懸命な保護活動の結果、
野生のインドサイの数が増えつつあるんだ。
インドサイ、トロント動物園
よろいのような皮ふ。 実は日焼けや虫刺されに弱い。 だから泥遊びが大切なんだ。




スマトラトラ、トロント動物園
スマトラトラ。 野生での生息地は、インドネシアのスマトラ島。 絶滅の危機に瀕している。
スマトラトラ、トロント動物園
トラの中では、一番小さい種類だ。
スマトラトラ、トロント動物園
水遊びが大好きなんだよ。




スマトラ・オランウータン、トロント動物園
スマトラ・オランウータン。
スマトラ・オランウータン、トロント動物園
ベビーシッターに疲れ気味。
スマトラ・オランウータン、トロント動物園
お客さんの視線を一人で独占。 その可愛らしさに何度も笑い声がおこった。
スマトラ・オランウータン、トロント動物園
「ねぇ~、遊ぼうよ。」
スマトラ・オランウータン、トロント動物園
まだ2歳。 やんちゃざかり、あそびざかり




アフリカのどうぶつたち
アフリカゾウ、トロント動物園
現存する動物の中で一番大きいアフリカゾウ。
アフリカゾウ、トロント動物園
トロント動物園では、毎日約1,000キロの食事が用意される。
アフリカゾウ、トロント動物園
砂遊び、水遊びが大好きだ。




カバ、トロント動物園
カバ。 石をしきりとなめていた。 ミネラルをとるためだ。
カバ、トロント動物園
肌がとてもデリケート。 紫外線や乾燥から身を守るため、水の中にいることが多いよ。
カバ、トロント動物園
散歩が日課です。




シロサイ、トロント動物園
シロサイ。 えぇ~っと、どこにいるのかなぁ・・・。   あっ、いた!
シロサイ、トロント動物園
イボイノシシが同居しています。
シロサイ、トロント動物園
朝と夕方、活発に動き回るようすが見られるよ。




チーター、トロント動物園
チーター。 狩りの時、最高で時速80~120キロものスピードで走ることができる。
チーター、トロント動物園
チーターは、「ガオー!」とはほえない。 じゃぁ、どんな声をだすのかな? 注意して聞いてみよう。
チーター、トロント動物園
まだ幼いため、背中にタテガミが残っている。




ライオン、トロント動物園
ライオン。 ライオンの「ガオー!」という声は、9キロ先まで
聞こえる。 日没後や、食事の後によく吠えるよ。
ライオン、トロント動物園
白いライオンが人気。 このライオンは茶色のライオンの両親から自然に生まれ、突然変異ではないそうだ。
ライオン、トロント動物園
野生では、狩りはメスライオンの担当だ。




ニシローランドゴリラ、トロント動物園
アフリカの熱帯雨林には草や花、木の実や果物など多種の食べ物があるが、その中でもとりわけ大好きなのが、ショウガの葉。
ニシローランドゴリラ、トロント動物園
ニシローランドゴリラ、トロント動物園
この動物園では、1日2回のお食事タイムがある。




ニシローランドゴリラ、トロント動物園
シルバーバックのチャールズ。
ニシローランドゴリラ、トロント動物園
ニシローランドゴリラ、トロント動物園




カナダのどうぶつたち
ハイイロヒグマ、トロント動物園
ハイイロヒグマ (カナダのロッキー山脈に生息している)
リンクス、トロント動物園
リンクス




ムース(ヘラジカ)、トロント動物園
ムース(ヘラジカ)は、カナダ全土(山地から平原にかけて)広く生息している。
手前に入るのは野生のカナダ雁
ピューマ(クーガー)、トロント動物園
ピューマ(クーガー) 昼より夜のほうが、活動が活発になる。