トカゲ太郎のワンダー・ワールド
夢見ヶ崎動物公園
English

  夢見ヶ崎動物公園の写真館はこちら

絵をクリックすると、別ウィンドーが開き画像を拡大して見ることができます。


訪問日 2008年1月30日




クロキツネザル、夢見ヶ崎動物公園

いつの間にか動物園

JR新川崎駅から歩いて15分。 小高い丘の上にある公園を散策していると、もう夢見ヶ崎動物園内に足を踏み入れている。 無料だから料金所などない。 園内をジョギングする人や朝の散歩を楽しむ市民が気軽に足を止めて動物たちを眺めている。 ゾウやキリンといった定番の人気動物や迫力のある猛獣類はいない。 でも、飼育されている動物たちをよーく観察できるように工夫されていて、動物たちのことを知れば知るほど夢見ヶ崎動物園の魅力は増してくる。


クチバシは命

  長澤園長さん、夢見ヶ崎動物公園

一匹のフンボルトペンギンがクチバシの上半分をケンカで失ってしまった。 クチバシは、エサをとること、巣作り、争い、毛づくろいと人間にとっての手以上に大切なものだ。

そこで、長澤 實園長は歯科医師と協力して人工クチバシを作ることにした。 世界的にもめずらしく、前例のない試みではあったが無事成功。 今ではすっかり元気になって他の仲間とともに水槽の中を泳ぎ回っている。

「それでも2~3ヶ月で古くなってしまうので新しいものと取り替えます」 と語る長澤園長は獣医師でもあり、自ら型に樹脂を流し込んで新しいクチバシを作る。

この技術はインコのクチバシやイルカのヒレなど国内の様々な動物園や水族館で応用されている。
ちなみに少し盛り上がっているので見た目にもわかるのだそうだ。


一見しただけではわかりません

メスのシベリアヘラジカが二頭、国内でここにしかいない。 あとはオスのアメリカヘラジカが横浜の金沢動物園にいるだけ。 しかもシベリアの方は中国東北部の黒龍江省に野生が200~300匹残っているだけの希少種だ。

とはいえ、アメリカとシベリアは外見上まったく違いがなく、交尾させればいいと思いきや、「遺伝子が違うのです」 と長澤園長。 中国から精子を冷凍保存して人工授精させる試みも考えられたが、BSE問題や予算など越えなければならない課題が多く実現には到っていない。 ただ、アメリカとシベリアがどれだけ遺伝子レベルで違うのかなどまだまだ研究されるべき点はあるという。

  シベリアヘラジカ、夢見ヶ崎動物公園


その意味は

  横田 克己さん、夢見ヶ崎動物公園

「同じことは二度とないです。 だから一日一日を積み上げていくしかないですね、飼育の仕事を覚えるには」
と語るのは、34年間飼育を続けている飼育実習主査 横田 克己さん。 毎日のミーティングで飼育員どうしが同じ情報を共有するなどチームワークも欠かせないという。 そして、
「怒っているとか笑っているとか次第に表情が読めるようになる。 健康管理にはとても大切なんです、 動物たちの表情は。」
と、経験を通して飼育動物の様々な面が見えるようになるという。

ある日ワオキツネザルの子ザルが横田さんの肩にチョコンと乗ってきた。 母親の方は別に気にする様子もない。 これはつまり仲間と認めてくれたというサインなのだそうだ。


どうにかしてくれ

フサオマキザルはとても賢いお猿さん。 石を磨いてみたり、木の棒で遊んだり人間のような行動をする。 園内にヘビが現れた時などは飼育員さんに

「あれどうにかしてくれ」

と震えながら目配りするのだそうだ。

  フサオマキザル、夢見ヶ崎動物公園
 


レッサーパンダ、夢見ヶ崎動物公園

忘れません

キスをする愛くるしい姿が全世界に配信されて大人気になったレッサーパンダのユウユウ(友友)は、とても残念だけど今年の1月8日亡くなってしまった。 でも川崎市ではその姿を忘れないために思い出館を作る予定だ。

パートナーの雄雄と妹のミンミン(明明)は今でも元気にしている。


「動物は命の大切さを伝えるための生きた教材です」
と語る長沢園長。 動物園で活発に動き回る動物たちの生の姿を見て欲しいという。 また、
「例えば、性についても交尾の姿を見ることでより自然なかたちで伝えられるのではないか」
と動物園でできる教育の可能性について指摘する。 
「動物の出産や子育て、子供の成長などの映像を市内の小中学校に配信できれば面白いでしょうね」
と長沢園長の夢は広がる。

フチア、夢見ヶ崎動物公園
フチア
日本ではこの動物園でしか飼育されていません。



まだまだ書きたいエピソードはいっぱいあります。 これから少しずつ加えていくのでヨロシクね。

小さいけどカワイイ動物たちを本当に身近に感じられる動物園でした。 ご協力ありがとうございました。

トカゲ太郎